病院で処方されるシミ対策の内服薬

病院で処方されるシミ対策の内服薬

シミ対策には外側からのケアに集中してしまいますが、シミに効果的な成分を摂取する内側からのケアも重要です。
今回は、病院で処方されるシミ対策の内服薬をご紹介します。

高い抗酸化作用で美白を促すのが、ビタミンCとビタミンEです。この2つの成分には相乗効果があり、一緒に摂取することでより高い効果が期待できます。
厚生労働省が認める美白成分のトラネキサム酸も、内服薬として使用されます。シミを作ろうとする働きを阻害し、シミ形成を予防します。
L-システインは、ビタミンCとの相乗効果で肌のターンオーバーを促します。また、メラニン形成を阻害することで、シミの改善と予防の2つの効果が期待できます。

病院で処方される薬は、その人の体質や肌の状態に合わせたものです。人により処方される薬は異なりますが、使用方法はしっかりと守り、正しく摂取するようにしましょう。